マンションの売却について考えてみましょう。まずは一軒家を売るときと大きな違いは「土地がないこと」です。資産価値に土地代が含まれないので。一見売却価格は低くなると考えがちです。また、毎月引かれていた修繕積立金も帰ってこないことも多いでしょう。

しかし、メリットとしては売却前に賃貸マンションとして貸出しやすいという事です。ある程度クリーニングすれば、そのまま貸せるでしょう。また、自らリノベーションすることを前提で中古マンション購入を考えている人も多いので、経年劣化はあまり気にしない購入者も多いのも現状です。

どちらかというと、部屋内よりも共用部分やエントランスの劣化具合を気にする人の方が多いかもしれません。別の方法としては、先にリノベーションしてしまってから査定にかけると、査定価格がかなり変わるケースもあります。

3部屋ある場合2部屋にしてしまいぶち抜きの大きな1部屋を作ってしまうのも手です♪どの様な状況で売却するかはご本人次第ですね。

仲介手数料は大きいんです。

不動産売却において重要なのは仲介業者の選定です。おそらく大部分の方は、大手数社の中から選んで媒介契約をすると思われます。しかし不動産の売却時には、多額の手数料がかかることをもっと意識すべきだと思います。

基本的に仲介手数料は「売却価格の3%プラス6万円」というのがあたりまえになっており、売却者も特に疑問を持つわけもなくあたかも決まりかのような錯覚に陥ります。この数字は仲介業者が売却者に求めることのできる最大の手数料なのです。

逆を言い換えすと値引きも可能という事です。3%は高いとされる不動産価格の売却価格からすると、決して安くないにも関わらず当たり前のように請求されており、値引き交渉なしで契約する行為自体を考えたほうがいいと思います。

最近は手数料を1%や固定料金にする業者もサイトを探すとありますので、内容について比較する事をお勧めします。一昔前でしたらチラシやお得意様への販促活動で、優位な大手が一歩先んじていましたが今やネットの時代です。購入者の入り口はネットに開かれているため、あまり販促という意味では大手も中小も境界線がありませんので、結果はともかく検討する価値はあるの思います。

媒介契約を結ぶ必要があります

不動産を売却する際に媒介契約を交わします。媒介契約とは簡単に言うと営業活動の委託契約のようなものです。例えば集合チラシの作成、折り込みチラシポスティングにより不動産を買いたいというお客様に対してアプローチをかけていきます。

また、営業活動により反響があった場合の業者・お客様対応、書類関係の作成なども行います。媒介契約は大きく2つに分けることができます。1つ目は一般媒介契約。2つ目は専任媒介契約です。

一般媒介契約は不動産と結ぶ媒介契約を複数社と結ぶことができます。メリットはたくさんの不動産屋が営業活動を行ってくれることで。しかし媒介契約だと不動産屋が一生懸命営業活動を行ってくれない可能性があります。なぜなら手数料をもらえるのは買いのお客様を付けた業者のみだからです。一生懸命営業活動しても他の業者で買いのお客様が見つかれば今まで行った営業活動は無駄になってしまうからです。

2つ目の専任媒介契約は1社の不動産屋としか媒介契約を結ぶことができません。しかし不動産屋は一生懸命営業活動を行ってくれる場合が多いです。それは営業活動が結果にきちんと結びつくからです。

不動産の売却はきちんと信用できる業者にお願いするのが一番です。
しかし、なにも知らないまま業者に任せっきりになってしまうと思わぬ損をしてしまう可能性も有ります。
人間誰もが安く購入し高く売却したいものです。これは不動産にも同じことが言えます。
売却を考えている方は、まず不動産価格の相場を知ることが大切です。

複数の不動産屋さんで査定を行ってもらって比較すること。
たったこれだけで、複数の不動産屋さんの査定・見積もりを出してもらうことで各業者さんもうかつに低い値段の提示はしづらくなります。

出典:元プロが教える不動産査定

今は一括で見積を出せるサービスがあるので是非利用してみてください。

タワーマンションを売却する方法

昔3LDKのタワーマンションを購入し売却をした事があります。その時は春の移動が多い時期にもかかわらず不動産の動きがとても鈍く、どの物件もなかなか売却できない状態が続いていました。

タワーマンションは人によって好き嫌いがあるので、売却はかなり時間がかかることは自覚していました。しかし私は不動産屋に査定をしてもらうことはせず、最初から自分の希望金額で販売し始めました。

予想どおりなかなかお客はつきませんでしたが、格安で投げ売りする人もいる中、私は徐々に金額を下げることをしながら状況を見守りました。
するとついに購入申し込みをしてくれたお客様が表れ、希望金額には届きませんでしたが、不動産屋で査定してもらう金額よりはかなりよい金額で売却が決まりました。不動産投資で益を出すことはかなり難しいです。

しかし、これもいかに腕のよい営業マンに出会うかですべてが決まります。当時はなかなか腕ききの営業マンには出会いませんでしたが、こちらの意志を強く伝えて自分の思い通りに動いてくれるようこちらから働きかけることがとても重要です。

日本の中古不動産市場は拡大しつつある

日本の不動産は寿命が短く、長くても40年程度で取り壊されてしまうものがほとんどです。日本人は物を大切にすると言われていますが、不動産に関しては例外であると言えるでしょう。ただ、社会環境の変化や自然環境といった、個人には対処できない要因もあります。

20世紀はじめには電気やガスが整備されていた欧米とは異なり、日本全国にインフラが整備されるまでにはかなりの時間を要しました。そのため、古い不動産は配線を引き込むことができず、一旦取り壊すしかなかったのです。また、日本は島国のため海風によって建物が劣化しやすいですし、地震というリスクもあります。

ただし、インフラがある程度成熟して防災にも対応できる物件が増えたことで、不動産市場においても中古の物件が一般的となりつつあります。1980年代後半に建てられた建物は耐震性が十分ですし、強度がある鉄筋コンクリートが開発されたことで、100年住宅や200年住宅の実現も間近と言われています。今後は不動産市場でもリユースが主流となることが予想できます。

リノベーション

一度家を建ててしまうと管理が大変です。そして年月が経てば外観も内装も古くなり手入れが行き届かなければ入居者が減り収入が減少してしまうものです。

転売したくても買い手がつかず、解体しようにも昨今解体費がバカ高く難しいですね。しかし、最近流行のリノベーションでマンションを活き返らせる不動産業者が増えてきています。

地震に耐え得るように耐震補強をし、雨漏りする外壁や屋上のコーキング処理を施し、一昔前に流行ったワンルームも部屋をぶち抜いて現代のニーズに合うよう間取りも変更します。老朽化した給水管も特殊処理でライニング処理することもできます。排水は高圧洗浄することにより詰まりを解消します。太陽光発電を利用してランニングコストを抑える物件に替えることも可能です。

古いマンションやテナントビルの所有者は頭を悩ませているかもしれませんが、解体して新築するよりも短期間で安い費用で収益が出る物件に変身させることができるリノベーションは今の時代にマッチした手法ではないでしょうか。

マイホーム購入でお世話になった不動産会社

13年前にマイホームを検討し始めました。何から始めていいのかわからないので、とりあえず大手の不動産会社を訪ねました。どの店舗もサービス良く感じましたが、とりわけ1社のサービスは最適でした。

予定金額と住みたくなる家が合わずに悩んでいました。あきらめて妥協した家の契約に別の不動産会社で入ろうとしていましたが、担当者は諦める私に何回か条件に合いそうな物件の用紙をファックスしてくるのでした。

その中で一つの物件が私の理想と値段に合うと思うので、是非一度見に行きませんか?と電話してきました。
みたいと考えていた場所ではなかったのですが、反対に訪れたこともない駅でした。最後に後悔したくなかったので見に行くことにしました。

そこが、現在の家となったのです。あの時に担当の方が根気よく連絡をしてこなかったら、諦めて選んだ家に今頃満足して住んではいなかったと思います。なので、その時の不動産会社の担当者には感謝あるのみです。
マイホームを考える場合一生の買い物です。根気よく視野を広くもって物件を探すことと、信頼できる不動産会社の担当者との出会いが必須だと思います。

我が家の資産価値は

結婚と同時に購入したそのマイホーム。場所は埼玉で、都心へのアクセスも良く、駅までは徒歩13分ほどです。
間取りは3LDK、価格は3000万でした。部屋自体はそんなに広いほうではないですが、魅力的だったのは立地です。すぐ近くに幼稚園、小学校、中学校があり、日当たりもよく、とても穏やかな雰囲気だったのです。

立地はずっと変わらないものなので、優先して選ぶことにしました。もし売ることになっても、子育て世代の人が買ってくれるのではないかとも思いました。しかし近所の人が売却にだしたこところ買手が見つからず。
価格もかなり下げたそうです。これにはショックを受けました。我が家と同じような設計でしたし、もし売ろうとしても売れないんだろうかという不安がありました。結局売り出した人はそのまま住み続けています。

売るときにたまたま買いたい人がいれば売れるだろうし、タイミングも重要なのだろうと思いますが、買うよりも売るほうが大変なのだと実感した出来事でした。

東京オリンピックも近づいてきて、首都圏の不動産の資産価格が上昇している今日この頃。このタイミングで不動産の売却を考えている人も多いと思います。そこで、将来的に売ることを前提として、マンションを買った方がいいのか、一軒家を買った方がいいのか、どちらがお得かを一向したいと思います。

下手したら一生に一度のデカイ買い物ですから、失敗はできないですよね。まずは一軒家について。購入価格自体は土地代も入るので総額でいうとマンションに比べて高く付きます。
固定資産税などの税金も一軒家の方が高いですよね。また、20年住んだ後の売却だとすると、マンションよりも経年劣化が目立ってしまいます。

特に外壁や玄関の門構えなどは風化が目立ち査定減額の対象になってしまうでしょう。しかし毎月の修繕費の引き落としがないので、こちらの場合は壊れたら修理で済みます。持家は土地代も付きますので、建物の劣化が激しくてもオリンピック需要で土地代が高騰すれば一軒家のほうがお得かもしれません。

家を購入するにあたって忘れがちなポイント。

注文住宅購入の際、見落としがちな注意すべき点をお話し致します。まずは意外と抜けてしまうのがクローゼットの内部構造。間仕切りをしたり、ハンガーをかけるためのポールを設置されるのは当然だと思います。

ですがお客様用の布団を入れておく場所はありますか?現在の住宅事情では和室無し(押入れ)で家を建てられる方も多いはずです。そうした時にクローゼットの仕切る場所等も考えなくてはいけません。全てのクローゼットを同じ仕様にする必要は無いので、布団を収納する予定のクローゼットを1つ明確にしておきましょう。

次に気になる事はこちらも意外と見落としやすいと思うので・・洗濯機用防水パンです。(洗濯機を置く下の部分)現在使用予定の洗濯機が設置出来ないサイズを選ぶ事は無いと思いますが、買い替えをする時にサイズによって洗濯機が購入出来ない場合があります。

話によると防水パンが無くても使用する事も出来るみたいですが水漏れしたら大変ですよね。防水パンを交換する事も出来る様ですが排水場所の関係で簡単ではなさそうです。初めの時点である程度対応できるサイズが理想だと思います。

間取りの関係もあると思いますので相談の上サイズを考えると良いかと思います。他にもありますが忘れがちなポイントをまとめてみました。参考にして頂ければと思います。